フィンぺシアの信頼度

薄毛の治療が医師によって本格的に行われるようになっており、テレビのコマーシャルなどで見かける機会も増えています。
治療指針を確認するために行われた薄毛治療のガイドラインも発表されています。
それによると現在行われている全ての方法の中で、特定の成分を含んだ育毛剤の使用が最も効果的であるとされています。
特定の成分とは、フィナステリドという前立腺肥大の治療薬として開発された成分とミノキシジルという高血圧の治療薬として開発された成分です。

このうちミノキシジルは、世界でもっとも有名な育毛剤であるロゲインに含まれている成分として広く知られています。
ロゲインは、アメリカでは15年以上も前から薄毛治療の治療薬として使用されており、効果のほどはかなり知られていました。
一方のフィナステリドは、飲む育毛剤として注目を集めているプロぺシアの成分です。
プロぺシアは内服型の育毛剤という事が特徴であり、日本国内では2005年に厚生労働省によって認可されて、国内販売が開始されています。

このプロぺシアのジェネリック医薬品が、フィンぺシアです。
ジェネリック医薬品とは、特許期限が切れた医薬品を後発のメーカーが製造した医薬品の事です。
このために購入価格が低いという事が特徴となっており、フィンぺシアもプロぺシアと比較すると半額以下の価格で購入することが出来ます。
フィンぺシアは男性型脱毛という症状に対しての治療薬であり、女性は使用することができません。
つまりあらゆる薄毛に効果のある治療薬ではないという事に注意する必要があります。
しかし男性型脱毛は、男性の薄毛のうちのかなりの割合を占めるという事が報告されています。
アメリカで行われた調査によると男性型脱毛が男性の薄毛の95パーセントを占めるという事も発表されているようです。
フィンぺシアは、男性にとってはかなり期待の持てる治療薬であると言えます。
プロぺシアの場合には、実際に3年以上継続して使用した場合には、80パーセントの使用者に薄毛の改善が認められたという事が報告されています。
フィンぺシアはプロぺシアのジェネリック医薬品であるので、同じような結果を期待することが出来ると言えます。
ここでもう一つ大事なことは、3年間継続して使用したことによって、大きな副作用が起こったという事が報告されていないという事です。
育毛剤は長期間使用することが大切なのですが、安全面においても信頼度が高いという事は非常に大きな魅力となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*