フィンペシアの効果と副作用

フィンペシアというジェネリック医薬品が男性に好評です。
フィンペシアとは、プロペシアのジェネリック薬で、男性型脱毛症の治療薬に用いられます。
正規版であるプロペシアと比較しても、ほぼ効果の程は同じです。
それでいて、価格は正規版よりも安く手に入るのです。
フィンペシアの使用成分は、正規版と同じくフィナステリドで構成されています。
フィナステリドは、高い抜け毛予防と、発毛・育毛効果が期待できます。
この男性型脱毛症の治療薬であるフィンペシアは、皮膚科などを受診して処方されます。
頭髪の悩みで悩まれている男性がここ最近、皮膚科を受診してフィンペシアを処方されるケースが多くあります。

そもそも、なぜ男性は薄毛になるのかについても簡単に説明したいと思います。
薄毛と深い関係にあるのが、男性ホルモンです。
男性ホルモンの分泌量が多いと、薄毛になる場合が多いのです。
男性ホルモンの分泌量は、ストレスの影響も強く受けます。
強いストレスを溜め込んでいると、男性ホルモンが多く分泌されるのです。
その他、タバコやお酒の飲みすぎ、暴飲暴食なども男性ホルモンを過剰に分泌させる一因なのです。
一言で言えば、体に悪いことをしていると男性ホルモンが過剰に分泌され、結果的に薄毛に繋がるのです。
ですので、男性型脱毛症の治療薬であるフィンペシアを服用しながら、生活面も改善することも抜け毛予防・発毛・育毛にとって大切なのです。

さて次に、男性型脱毛症の治療薬であるフィンペシアの副作用についても少し触れたいと思います。
薬ですので、人によっては副作用が現れる場合もあります。
主な副作用としては、3つあります。
1つ目は、性欲減退。
2つ目は、インポテンツ
3つ目は、精子の減少です。
しかし、あくまで個人差があります。
あまりに副作用が強い場合や不安がある場合は、医師に相談しましょう。
また、フィンペシアは全ての薄毛や脱毛症に効果がある訳ではありません。
例えば、円形脱毛症などの精神の不調からくる脱毛症には効果がありません。
ご自身の薄毛や脱毛症がフィンペシアで改善されるかどうかは、やはり皮膚科を受診して医師の指示を受けましょう。

近年、ジェネリック医薬品の普及により、様々な病気の薬が安価に手に入るようになりました。
プロペシアのジェネリック薬であるフィンペシアによって、薄毛の悩みから開放された方も多くいます。
悩みはさらなる悩みを生み出します。
薄毛で悩まれている方は、フィンペシアを服用されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*