フィンぺシアの効果

脱毛には、さまざまなタイプがありますが、タイプによっては治療法が存在しています。
中高年男性に多くみられる男性型脱毛の治療薬としてフィナステリドという成分が開発されています。
フィナステリドはプロぺシアという製品名で販売されています。

フィンぺシアはプロぺシアのジェネリック医薬品の事です。
男性型脱毛は、男性ホルモンと還元酵素が結び付いたことによって変換されるジヒドロテストロンが原因だとされています。
ジヒドロテストロンは、毛乳頭にたいして毛髪の成長を阻害する働きを起こします。
ジヒドロテストロンの働きによって、毛髪は成長しなくなってしまいます。
健康な毛髪は、5年以上成長を続ける場合もあります。
背中のあたりにまで髪の毛を伸ばしている女性は珍しくはありませんが、これは健康な髪の毛であるから出来ることです。
ジヒデロストロンによって成長を阻害された毛髪は、すぐに抜け落ちてしまいます。
薄毛の男性の髪の毛がなかなか伸びないのは、ジヒドロテストロンによって成長が阻害されているからです。
毛髪が成長しないという事は、栄養が届いていないという事でもあるので毛髪は細い状態が大部分となってしまいます。

フィンぺシアは、還元酵素を阻害してジヒドロテストロンの産生を防ぐ効果がある治療薬です。
フィンぺシアによってジヒドロテストロンがつくりだされなくなる為に、毛髪は成長するようになります。
今まですぐに抜けてしまっていた毛髪が長く伸びるようになり、結果的に薄毛が改善されることになります。
ジヒドロテストロンによって阻害されていた部位に対して効果が期待できるので、他の育毛剤では改善されにくい部位とされていた生え際の薄毛も改善される可能性があります。
これがフィンぺシアの最大の特徴といえます。
フィンぺシアは、長期的に使用することによって効果が期待できる治療薬です。
長年にわたってジヒドロテストロンによって成長を阻害されていた毛髪が回復するためには、ある程度の時間が必要になります。
フィンぺシアの専門の医師によると1年ほどの使用で効果を体感する人が増えてくるとされており、1か月程度の使用で劇的な効果が表れる治療薬ではないようです。

フィンぺシアは、ジヒドロテストロンの産生を防ぐ効果がありますが、髪の毛を作る直接の効果はありません。
髪の毛を作るためには、食生活や生活習慣の改善を行う必要があります。
フィンぺシアを使用して薄毛の改善を目指すのであれば、フィンぺシアを使用する以外にも栄養面に注意した食生活と成長ホルモンの促進を促すための生活を送る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*