フィンぺシアとはなんでしょうか

薄毛や抜け毛に悩んでいる人に、最近人気があるのが、フィンペシアという薬です。
病院で男性型脱毛症(AGA)の患者さんに処方される事の多いプロぺシアという薬がありますが、フィンぺシアは、このプロぺシアのジェネリック薬品です。
ジェネリックですので、プロぺシアより安価なことが人気を呼んでいますが、日本ではまだ未承認の薬なので、海外からの個人輸入で入手する人が増えています。

男性型脱毛症と言うのは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの働きによりヘアサイクルが短くなりすぎて、毛髪が十分な長さや太さに成長する前に抜けてしまう現象のことを言います。
フィンぺシアやプロぺシアの有効成分であるフィナステリドは、同じく男性ホルモンの一種であるアンドロゲンがジヒドロテストステロンに変換されるのを抑える効果のある薬です。
元々、フィナステリドは前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として開発されたものですが、ごく少量の使用により男性型脱毛症の治療効果があることが分かり、現在世界中で男性型脱毛症の治療薬として使われています。
日本でも2005年以降、プロぺシアが医師の処方により使えるようになりました。
ただ、プロぺシアは保険が適用される薬ではなく、その処方は自由診療の対象ですので、病院でプロぺシアを処方してもらって薄毛を治療しようとすると、医療機関にもよりますが、非常に高価なものになってしまう可能性があるのです。
個人輸入によるフィンぺシアの人気が高まっているのには、治療が高価である、という事情があるのです。

個人輸入であるので、たとえ重篤な副作用があってもそれは全て自己責任になる為、病院にかかるよりもリスクは大きくなります。
インターネットで検索してもフィンぺシアを扱っているサイトは数多く出てきますが、中には正規品ではないものを送る様な悪質な業者もないわけではありません。
偽物をつかまされて高いお金を払ったのに効果がなかっただけならばまだしも、健康上問題がある成分を含んだ錠剤を飲まされるはめになっても、それも自己責任の範囲になるのです。

それからフィナステリド自体の効果と副作用に関する知識も必要です。
フィナステリドは男性型脱毛症には非常に高い効果を発揮する薬で、プロぺシアの国内での臨床試験によると80%以上の患者に有効であるとされていますが、男性型以外の脱毛症には全く効果がありません。
ですので、すでに病院でプロぺシアでの治療を受けていた人がフィンぺシアに乗り換えるといったケースならともかく、自分の脱毛の原因が良く分からないままにフィンぺシアを個人輸入で買って飲んでも、全く効果がない可能性があります。
又、フィナステリド自体には重篤な副作用は稀だとされていますが、プロぺシアの添付文書に肝機能障害についての記載があるので、フィンぺシアを服用していても同じことが起こりえます。
又、プロぺシアは女性でも服用可能な薬ですが、妊娠中及びその恐れがる女性の使用は、胎児の性機能の発達に重篤な影響を及ぼす為に禁忌とされています。
妊娠可能な年齢の同居の女性がいる場合には、決して他の薬と間違えて飲まない様に保管を厳重にする必要があるのは、フィンぺシアでも同じです。

これらの点に注意した上で、信用のおける個人輸入代行業者を見つけ出した場合には、フィンぺシアの個人輸入は男性型脱毛症に悩む多くの男性にとって、朗報となるに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*