板金の作業が評判の神奈川の業者を選ぶコツ

板金には自動車の車体等の修理が専門の自動車板金と、屋根や雨樋等を工事する建築板金があります。建築板金には、空調機器や厨房の内部材の板金工事も含まれることがあります。ここでは神奈川で、建築の板金業者を選ぶコツについて解説していきます。神奈川でも特に横浜は、近代の建築板金の発祥の地とされています。江戸末期から横浜で発展した近代建築と共に、建築板金の技術も磨かれて来ました。全国的に見ても、神奈川県の板金技術の評判が高い理由です。神奈川には板金組合があり、特に横浜市の板金組合は、創立から100年以上の歴史を持っています。26支部から成る組合員数は、令和元年6月現在で205名です。組合員の多くは国家資格となる建築板金技能士と、登録建築板金基幹技能者の資格を持っています。横浜の街には有名な近代建築が多く残っており、建築板金の発達の歴史も観ることができます。

神奈川で板金の作業が評判の業者は組合に加入

神奈川では一般的に建築板金の業者は、地元の板金組合に加入しています。優良な業者と悪質な業者を区別するには、地元の組合に加入しているかどうかを確認することが最も早道です。組合に参加するためには一定の資格が必要なので、組合への加入は業者の信用度を高めています。組合では更に上級の資格取得へと、技術の研修やコンクールが頻繁に行われています。作業が評判の業者を選ぶコツは、1級建築板金技能士や登録建築板金基幹技能者が在籍しているかを確認します。1級建築板金技能士は国家資格であり、これによって各種の建築物の屋根を金属で施行することが認められます。実技作業の試験の難易度によって1級と2級があり、1級が上級資格者です。登録機関技能者とは、板金施工の技術を持ち、現場で指示や指導を中心になって行う技能者です。平成20年1月から改正された、建築業法の施工規則の技能認定です。

神奈川で板金の作業が評判の業者は保証制度も

屋根の板金の材料といえば、以前はトタン板や瓦でした。今では外壁材も含めて、多様な素材に対応して行かなくてはなりません。素材の進化は早く、板金の技術にも日々の努力を重ねていくことが求められます。神奈川の板金組合では、建築板金の職業訓練指導員の免許講習への案内もしています。工事の保証書が板金工事の終了後に、発行される場合もあります。責任施工保証制度というもので、施工物件である屋根や外壁、雨樋などに業者の加入する組合が保証書を発行し、保証約款の規定の範囲で修理の責任を負います。資格保有者が条件を満たした施工方法を行えば、素材メーカーや個別の会社が保証する制度もあります。地域の信頼を得て、長く板金の工事を請け負っている業者が評判も良く、地域貢献の意識も高いです。腕が良く評判も良い業者を、組合の名簿の中から見つけましょう。